<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ここ最近の出来事。
睡眠時間ほぼ無し。
酒も飲むヒマ無し。
飯時間もまともに無し。
気がつけば外は雪積もってるし。
久々に家でテレビつけたらアンテナ不良だかで映らねーし。
オレが何をしたっていうのですか?
もう無理です。
とりあえず、1週間死にたいです。
c0153411_23295817.jpg

[PR]
わたくし神経質なのです。
でも雑なのです。
そして不器用なのです。
それも高倉健的なかっこいいものではなくただ単に細かいことができないだけなのです。
結果、ただの残念な人なのです。
困っております。
救助を要請したいですが保険はきかないとのことです。
c0153411_0221696.jpg

[PR]
ものすごい激務で、ただでさえ小さい心が一段と小さくなった模様。
このままでは感情をもたないサイボーグになってしまい、いづれは映画化されてしまうのも困るので、
ブッタを読もうと毎晩試みるが2分で熟睡してしまうし、仮に2分を超えても酒飲んでて覚えてなかったりでまったく進みません。
刺激を求め湊かなえに切り替えても同様。
堕落を求め太宰を読むと悪化。
Numberでも変わらず。
結局は実質なにも読んでいないのです。
しかし、このエレガントなまでに記憶に埋め込まれない状況は、「実は非常にエコノミーでありさらにはエコロジーである」との痛いフレーズを発せずにはいられないあたりが結局は残念な39歳。
c0153411_1584845.jpg

[PR]
大勢の人がいるとこがとても嫌いです。
少数でもウルセーとこは嫌いです。
人の前で話すことも嫌いです。
店で「お探しのものはございますか?」と聞かれるのはめっぽう嫌いです。
瓶ビールしかない飲み会も嫌いです。
お酌はするもされるも嫌いです。
初めて会う人に「血液型何?」って聞かれるのも嫌いです。
「A型です。」と答え、「あ〜、やっぱり」も「え〜、意外〜」どちらのリアクションもその後ふくらませる自信がないので嫌いです。
初めて会う人に「週末とか何して遊んでるんですか?」とか社交辞令満載感で聞かれ「いや。べつに。」と答えた時の空気も嫌いです。同時にそんな場の空気を読めない回答しかできない自分も嫌いです。
夜の街で「お名刺いただけますか?」は最高潮に嫌いです。

原則女性は好きです。
c0153411_1263560.jpg

[PR]
毎週月曜日の朝、退職しようと誓い続けております。
だって眠いんだもん。
嫌い事「眠いのに起きてること」なので。
この問題を打破するには、プーチン並みに出世をして世界を動かし一日25時間制導入もしくは
フレックス世界時間自由選択制の導入しかないな。
c0153411_1374551.jpg

[PR]
有料駐車場に入ろうとして偽善の心で道を譲ったら、その間に満車になるし、
駐車料金払うのに両替しようとコンビニで買い物したら、いつもの癖でedyで払っちゃって意味ねーし、
昼飯食おうと思って空いてるカウンター席についたら、オレの周りだけぎゅうぎゅうになるし、
夜中に東苗穂温泉いってガラガラの洗い場を陣取ったら、高校生の団体に占領されるし、
北大銀杏並木いったら散りまくってるし、
家に帰って冷蔵庫開けたらビール切れてるし、
たまの休みは雨だし、
自転車はパンクするし、
信号全部赤だし、

もう無理だ。
c0153411_17292641.jpg

c0153411_17285195.jpg

[PR]
多忙です。
毎日関ジャニ並みの忙しさです。
こんなハードな毎日を過ごしていれば、
将来アイドルとしてやっていけそうな気がします。
c0153411_130160.jpg
たまにはHDR
[PR]
雨の深夜にはロクな考えは浮かばない。
夜中に作る試作ラーメンも手のこんだカレーも同様。
そんなときは自分を追い込むべく、鬱系読書をしその追い込まれ感を楽しむ。
われながらまさに気持ちが悪い。
こんなんでまともに社会に溶け込めるわけがない。
偽善者。

「私の最後は餓死であるとの予言であるが、
まだ餓死よりは火あぶりの方をのぞむ中世期の夢を持ってます。」

さすがです「智恵子抄」。これを読んだらまだ幾分まともな人間な気分になりました。
c0153411_2534100.jpg

[PR]
15年前に結婚し、一姫二太郎。
家族のために夜中まで働き、それでも帰ってきて子供達の寝顔をみればそれだけで幸せでした。
そして35年ローンでマイホームを購入したのは7年前。
可愛かった子供達も、今は長女は中3、長男は中1になり、
5歳までワタシにべったりだった娘から2年前には、
「お父さんの入ったあとのお風呂なんて入りたくない!!」といわれたときは寂しかったが、
それでいてそんな娘の成長を楽しんでいました。
それが、いまではご飯を食べたらすぐに部屋にこもりスマホいじりに没頭でここ1ヶ月は会話もなく、ちゃんと勉強してるか不安で仕方がないがそれも聞けないでいる自分。
そんな中、嫁からは「あんたの稼ぎじゃ到底普通の生活すらできないのよ。これじゃあ子供達が行きたい学校にもいれさせれないわ。ちゃんと頑張ってよ。」と日課のように言われ、それを聞き流すべく、ついてるだけのテレビのチャンネルをポチポチと変える。
こんなはずじゃなかった。


って、感じの人生をイメージしていたのだが、、、
こんなはずじゃなかった。
c0153411_2332159.jpg
中国青島
[PR]