<   2012年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

テレビみてて、AKBってのはみんなかわいい子だな〜と思っていたら、実は全然違う団体であり、
その団体名も2秒後には忘れ、数分後にまた出てきたときにはその者たちの顔まですっかり忘れており、これに加えて、家にいるときにはほぼ酒を飲んでいることから、この作用が二乗倍できいていることから、毎日のようにこのシチュエーションが繰り返される。
これは決して若い子に興味がないのではなく、だからといってロリーではないと自負しているが、
結局、記憶力が爆発的な衰退曲線を描きはじめてることは明白であり、このままいくと「ボケたもん勝ち」論理でいう人生勝ち組に入れるのではないかと密かに喜びを覚えた。
c0153411_2241646.jpg
滝上 芝桜公園
[PR]
毎日アホみたいにまったく同じ時間に同じ道で通勤してるためか、
すれ違う人も同じになってしまう。
すげー美形だがなぜかいつもジャージでママチャリ鬼コギのお姉さんがいたり、
太り過ぎのダックスフンドをみて、毎日散歩してんのに痩せねーな、と思ったり、
ハゲたおっさんとすれ違うときのダブルクロスハゲと太陽光の関連性に緊張感を感じたり、
くわえ煙草の昭和スタイルのチャリおっさんの煙に苛立ちを覚え、死んでくれないかなと数千回思ったりしてるのだが、
これは毎朝のゴミ出し時の近所のババアどもとのまったくお互い無意味で将来性もなく、効用としたらオレが事件を起こしたときのワイドショーインタビューで「会うとちゃんと挨拶するしっかりした方かと思ってたのにまさかね〜」といってくれるくらいしかメリットがない社交辞令挨拶よりはマシであり、実は顔を知っていながら会話をしなくていい快適空間なのではとの世紀の発見に気づいた次第であった。
c0153411_23231710.jpg

c0153411_23235364.jpg

[PR]
夏遊びと休日数について検討してみた。
すべてをこなすとしたら、まったく余裕なし。
ダブルヘッダーまで必要かも。
グズグズしてたらまたすぐに雪だな。
頑張ろう。
c0153411_22195083.jpg
上湧別チューリップ公園
c0153411_22152695.jpg
チューリップっていろいろあるんだな。
[PR]
今日は、びー家主催のオホーツクお花見学ツアーへ。
まずは上湧別。
さすがほぼロシアだけあって、極寒。
気温は6℃だったかな。これに北風ピューピューで
体感はマイナス20℃くらいでした。
ここに湧別町の人口の300倍の人が集まってました。
うそです。はい。すみません。
それにしても、こんな厳しい環境でもチューリップが育つのにウチのバジルは
なぜに育たんのだ?
c0153411_2324299.jpg
コンデジいけるな。
[PR]
天気もいいしヒマだったので、
ヒザ試しトレランで藻岩山。
ヒザはなかなか調子よかったが、、
ぜーぜーでした。すげー歩きました。
それにしても高尾山ばりの人の多さだったな。
50人くらいはすれ違ったんじゃないかな。

こんなストイックな登山じゃなく、たまにはカラフルなフォルムの山ガールと
メルヘンに登りたいな。
「あ〜、疲れたね〜、大丈夫〜?足いたくない?あ、そこ危ないから気をつけてね、
もうちょいだから頑張ろう〜、なんちゃらって花咲いてるよ。景色きれいだね〜、山頂で食べるお弁当はおいしいね〜」
とかいっちゃたりして。
c0153411_18352438.jpg
山頂からの大都会
[PR]
金曜日です。
週末です。
家です。
19時過ぎに会社からある人に電話したら、
明らかに周りはにぎやかで、
彼はこう言い放ちました。
「今、君の会社の人達と飲み会中です。」
・・・
誘われてません。
どうりで、みんな帰りが早いと思った。
初耳です。
どーせ、
「え〜、今あのハゲから電話きたんですか〜?気持ち悪い〜」
「アハハハ、いえる〜」
「あのチョビヒゲ、マジやばいよね〜」
「あのデブ、まじで体脂肪が3ケタらしいよ」
「あいつ、ワイシャツの下はランニングだよ」
とか、何の脈絡もなく一部を除いて事実無根の話で話題にでもなればまだマシなほうだが、
現実的には、彼は電話を切って、さも何もなかったかのように全く別の話を続けたのであろう。
人付き合いというものがわからないまま38歳になりました。
c0153411_21573953.jpg
壁やドアは裏切りませんので好きです。
[PR]
ちょっと良くなった。
このままどんどん痛くなっていき、歩けなくなり、松葉杖になり、車椅子になり、大手術をし、
それでもダメで、動けない晩期になり国からの配給飯に並ぶ生活になるのではないかとドキドキしてたがとりあえず大丈夫そうだ。
これも日々の精進の賜物だな。
あ、あとシップもだな。
それにしても、シップ貼るニチバンテープをはがすときの緊張感といったらたまらないよな。
じっくりとすね毛を優しくいたわりながら楽しみたい気もするがワイルドにいい音を立ててバシっといって余韻を楽しむのもいい。
この二者択一は毎回非常に悩む。
人生悩みは尽きないな。
c0153411_23155348.jpg

[PR]
会社への通勤ルートはただ数ブロックを南北に移動するだけ。
その間には、コンビニすらなく、間一髪でゲオがあるくらい。
ご飯作ってまってる嫁がいる訳でもないのに、毎日寄り道もせず、飲みもせず、帰宅。
というのも、家で糖質ゼロを飲んでからの黒霧島のロックが最高であり、見ず知らずの人がいるアウェイ感漂う場に繰り出して、いろいろな事故にあうことが非常に面倒と感じ、且つそんな時に酔いに任せて家帰ってシャワーも浴びずに寝てしまった翌朝の残念な部屋臭を嗅ぎたくないという強い信念によるものが高い。
こりゃ、徐々に衰弱していき死に至る場面を自己撮影し、後世の人が非常に困るシュールな最後の贈り物をを残すべくハンディカムでも買うかなと考える。
c0153411_0293918.jpg
水と卵のみの我が家冷蔵庫
[PR]
日食時間は窓から外見てもよくわからず。NDフィルターも使わずに朝食。
新聞も取るだけで目を通すのもやめ、
ZIPみながら、やっぱ日食鑑賞はテレビが一番だな、と満足し、出勤。
午前中をなんとか穏便に過ごし、
昼飯食いにいこうと思ったがめんどくさいのでやめ、
帰りに本屋よる予定が活字は疲れるのでやめ、
帰ってからランにでもいこうと思ったがヒザがいたいのでやめ、
酒飲んで寝る。
このムダ人間のカロリーも温室効果排出量取引として売買できないのかな。
c0153411_2217406.jpg

c0153411_2218379.jpg

[PR]
昨晩は、夜明けの美瑛でも撮りにいこうかと考え、
とっとと寝て、4時に起きたがフツーに外明るいじゃんかよ。
うすうす気づいてはいたが、だからといってあと2時間はやく起きて美瑛に行けるほどタフガイではないので、なんとなく平岡梅林へ。
したら、もう散ってるじゃんかよ。
かわりになんかよくわからん白いの咲いてたぞ。
しかたないので、すれ違う早朝散歩に来ていたババアどもとさも社交的なフリをした挨拶を交わしながら写真とって6時過ぎには終了。
まったく、昨日は昼過ぎまで仕事だし、ヒザはいてーし、痩せねーし、いい写真はとれねーし、
マジでヒザがいてーし、明日は仕事だし、メールも電話も一本もねーし、やっぱヒザいてーしで終了の週末だな。このムダ人間が消費したカロリーで発電できないかな。
c0153411_1993016.jpg
とばし系にしてみました。
c0153411_1995144.jpg

[PR]