カテゴリ:写真( 295 )

第二次ベビーブーム世代としては時代に乗れなかったので、
20年後、まわりにとけ込めるようタムキューを買いました。
しっかり接写を練習してモテモテ60歳を目指します。
よろしくお願いいたします。
c0153411_20291896.jpg

c0153411_2030546.jpg

[PR]
毎日無の心で遠くを見て過ごしたいです。
c0153411_226263.jpg

[PR]
ちょーかっこいい。
c0153411_74113100.jpg

[PR]
40歳になりました。
40歳なりに精一杯生きております。
40歳なりに頑張っているつもりです。
しかし40歳なりの生活ができておりません。
40歳なりの生活がどういうものか皆目検討がつきません。
これは50歳になっても同様かと存じます。
c0153411_16251864.jpg

[PR]
家帰って、
ビール飲んで、
ツマミで鮭トバくって、
焼酎のんで、
あたりめ食べて、
焼酎おかわりして、
柿ピー食べて、
床につく。
クズ。
カス。
生きる価値無し。
我ながら「二酸化炭素排出してすみません。」と思う今日このごろです。
c0153411_22285270.jpg

c0153411_22293711.jpg

[PR]
外はモノトーンの世界。
深々と雪が降りそれらがすべての雑音を打ち消してくれる静寂。
リビングにはさっき挽いたコーヒーの幸せな香りが漂うなか、スピーカーからはバンドネオンの音色が控えめに響く。
気がつけば60歳を超え、子供も無事に成人し上京。
たまにメールはくるが、やはり声がききたいのでどんなに短くても電話が欲しいがそんな本音はいえず。
ただ、それでも毎日妻との平凡ながらも平穏でゆったりとした時間を過ごしていると、この幸せは未来永劫続くのではないかと錯覚すら覚えてしまう。


こんな60代はどうすれば訪れるのでしょうか?皆目検討がつきません。
助けてください。
c0153411_2224824.jpg

[PR]
毎日毎日、惰性で生きております。
それでも変化が訪れるのはなぜでしょう。
現在の定義、現世の定義から考えなければいけないと思い、
まずは、いまなら出世頭になれそうな新興宗教をみつけてジャブジャブ稼ぐべく
入信しようかと模索中です。
c0153411_20355936.jpg

[PR]
歩道なんだからガレキ片付けようよ。
バス停にブロック塀おいたらバス止まれないでしょ。
c0153411_21411917.jpg

c0153411_21413923.jpg

[PR]
そんなみんなしてあせらなくても、、、
もうちょいメローにいこうよ。
c0153411_22553962.jpg

[PR]
こんなひっそりとした生活を続けていると、一瞬の喜びは嬉しいのです。
突然一人で、本よんで感動したり、テレビ見て笑ったり、
DVDで泣いたり、洗濯物無駄に丁寧に干せたり、アイロン完璧の仕上がりだったりを一人で喜んでるテイではあるが、結局は一人で寝たらそのまま死ぬんじゃないかと思い、死体としても迷惑をかけるのは嫌なので寝る前のトイレはかかせません。
このような行動もフリとしては万全の体制なのですが、
だれもつっこんでくれないのです。
結局は人間嫌いの寂しがりやなのです。
本当は毎日、鼻メガネとインディアン羽飾りでもつけてナイトライフを楽しく過ごす人間になりたいのです。
c0153411_0202156.jpg

[PR]