カテゴリ:登山( 67 )

今回は、層雲峡→愛山渓ルートで。
ロープウェー降りたら豪雨(雨雲レーダーでも通り雨だろうと。1時間待機後登山開始)→黒岳石室(若干あやしい雲が。まあよくあることさ)→お鉢(なんか異常に風強えーな)→北鎮岳(強風・雨)→鋸岳付近(強風・雹)→比布岳山頂手前(強風
・雹混じり豪雨・雷ゴロゴロピカピカ)→色んな意味で震え止まらず岩陰でテントビバーク→おっさん二人でビビりながら半日以上密着待機→翌朝7時ちょっと良くなり脱出→標高下げたらだいぶ落ち着く→愛山渓へ下山。
願っても祈ってもどうにもならないことってあるんですね。
将来は神になりたいです。
c0153411_20315573.jpg
c0153411_20432012.jpg
このころはよかった・・


[PR]
斜里岳山頂から知床の羅臼岳と思い出の硫黄山が見えて孤独に超もりあがる。
やっぱいいね。山は。酒も飲まずにテンション上がるし。
c0153411_21475765.jpg

[PR]
腐りきった心を洗いに山へ。
大雪山黒岳から上がってステキな星空見つつ上で一泊、愛山渓下りを予定が、台風の影響で道路崩落で断念。
その他縦走ルートはどれもダメ。
黒岳ピストンはあまりにもさみしいので斜里岳へ大移動。
なんとか登れたが、、増水で8割が沢と滝登りでガチで頑張りました。
また、守るものはないが「まだ死にたくない」ということがわかりました。
c0153411_18411172.jpg

[PR]
紅葉がキレイすぎて、善人になった気分になりました。
いまなら、皿に最後に1個残った餃子を不用意に食べられても許せそうな大人になれそうです。
c0153411_225627.jpg

[PR]
今年は、クチャンベツ沼の原➡五色岳➡忠別岳➡白雲泊➡緑岳➡大雪高原温泉➡Dioでした。
1日目ハード過ぎるって。。。
相方は減量&高級ドーピングで元気モリモリ。動けるブーになってました。ちょっと見直しました。
ちなみに紅葉は素敵でした。
c0153411_22421952.jpg

[PR]
今週も頑張って働きました。
血へど吐く程働きました。
間違いなく札幌で一番頑張って働いたことでしょう。
いままで一番を争ってた熊本出身が7月に東京にとばされたので、
札幌では圧勝の模様。
こんな頑張ってるんだからだれか2兆円くらいくれないかな。
c0153411_2122351.jpg
硫黄山で頑張る80キロ
[PR]
ヒマすぎてあやうく自遊空間にいくとこでした。
c0153411_2113822.jpg
硫黄山登山道。ってか、ただの涸沢でしょ・・
[PR]
2日目:二ツ池テント泊→恐怖土砂降り→外出れない→寒い→テントで無言→雨あがる→2H出発遅れる→ビチャビチャ→南岳→やっとメローな縦走路→知円別岳→恐怖を感じるキャニオン尾根越え→雪渓→ロックセクション→硫黄山→涸沢下り→雪渓→成獣ヒグマ→のっしのっし歩いてる→涸沢に逃げ戻る→バレる→汗→待機→向こうも近くで待機の模様→動く→向こうも動く→クマスプレー構える→汗→震える→すげー頑張って突破→大量熊足跡→ケツプリ早歩きで突破→沢→ほやほや熊フン→黙々早足→下山→カムイワッカ。

感想:二度と御免です。
c0153411_21431444.jpg
硫黄山を望む
c0153411_21433642.jpg
歩くだけで崩れる尾根
[PR]
1日目:知床自然センター車中泊→暑くて寝れない→原チャリ→木下小屋→雨→羅臼岳→ガス視界無し→三ツ峰→曇り→サシルイ岳→暴風雨→オッカバケ岳→曇り→二ツ池テント泊→蚊→晴れ→晩飯→豪雨
感想:自然は厳しいです。はい。
c0153411_21383554.jpg

c0153411_2138494.jpg

[PR]
以下写真をみて思ったこと。
写真1「落ちたらグチャグチャだな。」
写真2「よく燃えそうだな。」
c0153411_2211187.jpg

c0153411_221367.jpg

[PR]